Notes

メモ書き

もっと楽に生きていいと思うんだ

先日久しぶりに会った友人と話しました。

仕事について大分価値観が違うなと思ったので、今の自分の価値観を整理の意味も込めて。

仕事は人のためにある

多分言葉の上では納得してくれる人は多いんです。

お客さんや会社の上司のためだとかね。

けどね、ここでいう人とは

仕事に関わる全ての人のこと。

人の中には僕もあなたも含まれているんですよ。

人を(自分を)犠牲にしていい仕事なんてない。

そんな仕事はなくなってしまえばいい。

その仕事が失敗してもそんなに困る人はいない

と思ってます。

まぁこれは業種によるとは思いますが。

医者など人の命に係わる仕事は失敗したら困ります。

ただ、僕らのやっている仕事は、例え失敗したとしてもアプリが一個ストアにあがりませんでした、というレベル。

もちろん会社間の問題とか他にも色々ありますが、その仕事を成功させるために人が犠牲になるのはちょっと違うんじゃないかと。

問題なら問題にしようよ

「こんなんじゃ回んない!」と言いながら自分を犠牲にして、結果回しちゃっている人の多いこと。

そこで回ってしまったら、上や客は何も問題だとは思わないからまた同レベルの要求をしてくる。

回んないんなら回さなきゃいいじゃん。

問題ならちゃんと問題にしようよ。

あなたがここで頑張ることで、問題が先送りにされます。

先送りされた問題で苦しむのはあなたじゃなくて後輩もだよ?

もちろん早めにアラートあげて平和的に解決するのが一番だけどね。

失敗を恐れなくなると強い

「別に首にするならすればいいじゃん。」

「ただ生きてくだけなら最悪バイトでもなんでもいけるもん。」

という考えになってから仕事がうまくまわるまわる。

絶対にうまくやるんだ!と思ってた頃に比べて肩の力が抜けたんでしょうね。

 

無理!嫌だ!をちゃんと伝えるようにしたら、割とみんな聞いてくれるんだよね。

ここらへん自分は人にもかなり恵まれてるとは思います。

そしてもし人に恵まれていなかったら、上で書いたように失敗していいと思えるようになりました。

最後に

なんかね、みんな辛そうなんだよ。

もっと楽に生きればいいのに、と強く思ったよ。