Notes

メモ書き

お土産配布による長期休み明けの憂鬱の解消

なんか論文みたいなタイトルですが 笑

長期休み明けの仕事ってやっぱ憂鬱なんですよね。職場行っても全然仕事スイッチ入らなくて。。

 

今回休み明けで、
・旅行先のお土産を配りながら談笑。
・その流れで和やかに仕事の状況確認。
みたいなことをやったんです。(てか結果的にそうなったんですが)
そうしたら、かなりすんなり仕事モードに入れたので自己分析。

 

長期休みはどうしてもチームメンバとの距離感ができる。物理的に離れてるからそれはしょうがない。
お土産を配りながら談笑する事で休み前の距離感を取り戻すことができたんですね。

 

それに加えて、メール等からは読み取れない現状の仕事の温度感を知ることができた。というところも大きいかと。
状況をきちんと把握できていない事も憂鬱の原因なのだと感じました。

 

上で挙げていることはどちらも「安心感」を得る事に繋がっていて、それが結果として仕事への集中に繋がっている。というのが自分の結論です。

 

お土産を配った段階で相手が無愛想で談笑できなかったり、仕事の確認が和やかな雰囲気で出来ていなかったら、きっと憂鬱はもう少し長い間継続しただろうと思います。
仕事に集中できる「安心感」の重要性に気付いた出来事でした。

 

おしまい