Notes

パブリックなメモ書き

うちの音楽録音環境 | KORG KROSS-61 x TC-HELICON VoiceLive Touch x Studio One

うちの音楽録音環境の機材構成と設定について記載します。

機材

気づけばほとんど Version 2 が発売されていたので、少し古い機材になるかもしれません。

キーボード:KORG KROSS-61
KORG キーボードシンセサイザー KROSS-61 クロス 61鍵

KORG キーボードシンセサイザー KROSS-61 クロス 61鍵

 

実はもともと同モデルの88鍵モデルを使っていたのですが、持ち運びが大変だったので61鍵モデルに買い換えました。

61鍵モデルは4.3kgとキーボードの中でも最軽量なので持ち運びがとても楽!

オーディオインターフェイス:TC-HELICON VoiceLive Touch
TC-Helicon VoiceLive Touch ボーカル用マルチエフェクター

TC-Helicon VoiceLive Touch ボーカル用マルチエフェクター

 

もともとボーカル録音用として購入したモノですが、最近はキーボードのIFとして使うことの方が多いです。宝の持ち腐れ感。

DAW:Studio One Prime (無料版) 

そこまで複雑な事をする予定はなかったので、無料だからという理由で使い始めた Studio One をそのまま使い続けてます。 

 

機材構成 

f:id:cask-st:20171108212637p:plain

 

画像は各マニュアルから引用してます。

KROSS 1 - クイック・スタート・ガイド | KORG (Japan)

TC-Helicon | VoiceLive Touch | 製品マニュアル

 

各種設定

TC-HELICON VoiceLive Touch

[Mix]ボタンを長押ししてセットアップ・メニューを起動し、以下のように設定する。


4.GTR FX STYLE : OFF

  → 自分は VoiceLive Touch によるエフェクトを使わないのでOFF。
5.OUTPUT : STEREO
6.USE : TRACK

 

Windows PC (Windows10)

タスクバーのスピーカーアイコンを右クリックしてサウンド設定を起動。

f:id:cask-st:20171108214253p:plain

VoiceLive Touchを「有効」にして「既定のデイバスとして設定」する。(右クリックで設定項目が表示される)

f:id:cask-st:20171108214311p:plain

 

Studio One

"メニュー" > "Studio One" > "オプション..." でオプションを開く。

オプション画面のオーディオ設定タブで "コントロールパネル" をクリックして Windows Audio を開く。

Windows Audio 画面のレコーディングデバイスで "アナログ コネクタ(VoiceLive Touch)" を選択する。 

(再生デバイスを設定する場合もここで行う)

f:id:cask-st:20171108215645p:plain

 

ちゃんと設定したのは数年前で思い出しながら書きましたが、確かこれで大丈夫だったはず。