Notes

パブリックなメモ書き

酒好きの人見知りがコミュ力を磨くなら一人飲みが良い理由

f:id:cask-st:20180108141117j:plain

自分は元々人見知りで人と話すのが苦手な方で。。
初対面だと何話せばいいのかわからなくなって会話が止まってしまうタイプでした。
それがお酒が好きなのでバーや居酒屋で一人飲みを続けていたら、初対面の人でも友達になることがちょいちょいあるくらいまではコミュ力が上がっていました。
なんで一人飲みが良かったのか、一人飲みで他の人と話す際に何を気を付けた方がいいのか、自分なりに分析してまとめてみました。

なぜ一人のみが良いのか

店員さんは会話のプロ

店員さんは毎日会話でお客さんを楽しませているトークのプロ。
会話をリードしてもらえることが多いので比較的楽に楽しい会話をすることができます。
共通点のある他のお客さんと繋いでくれたりもするので(「あの○○さんもテニスやるんですね!あちらの△△さんもなんですよ!」等)自分から声をかける必要がありません。

自分のペースで会話できる(話さなくてもいい)

バーや居酒屋は本来お酒を楽しむ場所。
誰とも話さずに一人でお酒を楽しんでいる人もいます。
そのため無理にしゃべる必要はありません。

 

またもし店員さんや別のお客さんとの会話に成功して一通り話した後に会話が途切れたとしても無理につなごうとする必要はありません。
一人で飲みに来ているわけですから会話が途切れたらまた一人に戻るだけです。
相手がまた話しかけてきたらまた会話すればいいし、自分から無理に話を振る必要はありません。だってお酒を楽しみに来ているんだから。

 

帰るタイミングだって自由です。
合わない人がいたら「明日早いので今日はこの辺で」で ALL OK 笑
一人で飲みに来ているので一人で帰っても文句を言う人なんていないでしょう?

酒のせいにできる笑

人見知りや話下手の人って自分の発言で相手や周りがどう思うかを気にし過ぎるから言葉が出なくなってしまうパターンの人が多いと思うんですが、お酒の席では変なことを言ってしまった場合はお酒のせいにできます。

変な発言をしてしまったとしても「この前は酔っぱらって変なこと言ったみたいですいません。。」で全て解決できる!笑

と思うだけで会話に対するプレッシャーがかなり減ります。

この「プレッシャーを減らす」が一番大事なんです。

一人飲みで気を付けること

必ずカウンターに座る

これは絶対です。

出来ればカウンターしかない店を選びましょう。

カウンターでは見知らぬ人が横並びで近くに座るため、物理的に会話のチャンスを増やす事ができます。

(むしろカウンターじゃなかったら人見知りが話すチャンスなんで全くないです!)

話しかけてくれたら笑顔で相槌

店員さんや別のお客さんが話しかけてくれたら笑顔!そしてタイミングのいい相槌!

基本的に相手は酔っぱらいです。これだけで気分良く話してくれる方が多いです。

慣れてきたらこちらからも話を振ってみましょう。

同じ店に通う

同じ店に通っていると自然と店員さんと顔見知りになります。

店員さんと仲良くなると他の常連さんと繋いでもらえるため、自分から話しかけなくても人の輪を広げていくことができます。

リラックスする

上の方でも少し触れましたが、人と話すのが苦手な人は話す事に対してプレッシャーがあることが大半。

そのため如何に自分がリラックスした状態に持っていけるかを考えると良いでしょう。

最後に

一人飲みで培ったコミュ力は、プライベートはもちろん仕事でも大いに活用できます。

(正直これが一番仕事の役に立っている笑)

コミュ力の磨き方は色々あるかと思いますので、お酒好きの方はこんなやり方で自分磨きをしてみるのは如何でしょうか。