Notes

メモ書き

仏教は宗教というよりもより良く生きるためのノウハウ

というのがこの本を読んだ感想です。 

 

仏教というと「お坊さん」「お寺」「修行」「信仰」など硬いイメージがありますが、実際知ってみると全然違いました!
完全に食わず嫌いしてました!
全然知らないのに「仏教ってこんな感じでしょ?」って思ってました。

だめですね。これがソクラテスの「無知の知」というやつですね。。

どうゆうことかというと

 日常生活でイラっとした時ってどうしたらいいか、とか。

 悲しいことがあった時立ち直るにはどうしたらいいか、とか。

 そもそもストレスの原因って何なんだろ?とか。

そうゆうののノウハウ集が仏教!というイメージに変わりました。

で、そうゆう意味だと他の宗教(キリスト教とか、イスラム教とか)も全然知らないなぁと!
現代まできちんと残っており、これだけ進行してる人の数も多いんだから、そこまで変なことを言ってはいないんじゃないかと。
変なオカルト宗教みたいなのだったら絶対に続いてないでしょ!笑

なので、食わず嫌いせずに次はそこらへんについても調べてみたいと思います。
温故知新!頭のいい方は歴史や宗教に学んでる方が多い!
自分も見習わなければ。

ではでは。

本は時短で情報を収集するためのツールになっている

※ここでいう本は、小説などではなくビジネス書類になります。

 

先日2ch創設者のひろゆきさんの著書

無敵の思考 ――誰でもトクする人になれるコスパ最強のルール21

を読ませて頂いたのですが、これが全然面白くなかった!笑

 

というのが、自分はひろゆきのお話が大好きで、ニコ生等でお話しているものを漁りまくっていました。
その上で本を読んだら聞いたことのある内容ばかり笑
知ってる内容ばかりだったので全然面白くありませんでした笑

 

ここで思ったことがタイトルに書いた
 「本は時短で情報を収集するためのツールになっている」
ということ。

 

現代、著名人はブログや動画などで自分の考えを包み隠さず公開していることが多い。
それらをまとめたものが本となっている。
時間を使って情報収集しても良いのであれば、ネットで漁ってつなぎ合わせれば、大体の内容はわかる。
その時間を節約したいのであれば、お金を払って本を買う。

 

という時代になってきていると感じました。
少なくとも今回はそのような体験をさせて頂きました。

 

昔はちゃんとした情報を得たいのであれば本を買う、
という感じだったと思うのですが、本の在り方も時代によって変わってきたのかなぁ。
というお話でした。

 

ではでは。

 

無敵の思考 ――誰でもトクする人になれるコスパ最強のルール21

無敵の思考 ――誰でもトクする人になれるコスパ最強のルール21

 

 

Kindle Paperwhite マンガモデル を買ってみた

Kindle Paperwhite 32GB、マンガモデル、Wi-Fi 、ブラック

Kindle Paperwhite 32GB、マンガモデル、Wi-Fi 、ブラック

 

買っちゃいました。

 

もともと Fire HD 8 を使っていたのですが、以下の理由から買い換えてみました。

  • 読書をしていると目が疲れるため、目に優しいと言われている電子ペーパーを試してみたかった。
  • ガラケーを使っている父親がLINEをしたいとのことで Fire HD8 にLINEを入れてプレゼント。(※ちなみにGoogle Play ストアのインストール方法はこちらを参照

ということで使ってみた感想を簡単に書きたいと思います。

良かった点

目が楽!

目の疲れ方が全然違います!

Fire HD 8 ではブルーライトカットモード(オレンジ色の暗い画面)にしていても目が疲れて痛くなることが多かったのですが、かなり楽になりました。

(※恐らく個人差があります。自分は割とブルーライトに敏感な方なので。)

軽い!小さい!

Kindle Paperwhite マンガモデル : 205g / 169 x 117 x 9.1 mm

Fire HD 8 :369g / 214 x 128 x 9.7mm

と重さに3倍以上差があるので当たり前かもしれませんが、電車の中などで片手で扱うのが楽ちんです。

 

ちなみに外用に↓のケースに入れて持ち歩いてます。

Fire HD 8 ではなかった落ち着いたネイビー色のケースがあったことも良い点です笑

Amazon Kindle Paperwhite用レザーカバー、ミッドナイトブルー (Kindle Paperwhite専用)

 

電池がめちゃめちゃもつ!

公式ページでも以下のように書いてある通り、毎日充電しなくても全然余裕です。

バッテリー

 数週間
 明るさ設定10、ワイヤレス接続オフ、一日30分使用

毎日充電しなければならないものが一つ減る事が、思ったよりもストレスフリーでした!

 

いまいちな点

動きが重い

ページめくりやライブラリ内の移動等、画面遷移系はモタつきます。

読書に最低限のスペックで提供しているのでしょうけど、ヌルサクだったらもっと快適だろうなぁと。

容量は32GBもいらなかった

処理はそこまで早くないことは予想していたので、ローカルに保存してしまった方がきっと動作が早い!と思っていたのですが、使ってから、本を複数並行で読んだとしてもここまでの容量を使う事はないことに気づきました。

マンガモデルの名の通り、マンガを1シリーズ全巻取り込んで一気に読むような使い方をするのであれば良いと思いますが、活字メインの本を読む場合はここまでの容量は必要ありません。

 

まとめ

一番気にしていた目の疲れはかなり良いので満足しています。

スペックについても本を読むのに支障があるレベルではないので問題ありません。

 コンパクトで持ち運びにも便利ですし、Kindle 自体は電子書籍バイスを探している方にはお勧めできるガジェットです。

ただ、使用用途によってモデルはきちんと選びましょう。

自分は普通の Kindle Paperwhite か Kindle で良かったかなぁと笑

 

ではでは!

「3行ノート」で自分と向き合う

お金の神様に可愛がられる 「3行ノート」の魔法

お金の神様に可愛がられる 「3行ノート」の魔法

 

藤本 さきこ さんの『お金の神様に可愛がられる 「3行ノート」の魔法』を読みました。

ノートを使って自分自身に向き合うメソッド

  1. ありのままの今の自分を、明らめる
  2. 今の気持ちを全力で、感じる
  3. 望む世界の設定を、決める

これを用いて望む方向に設定変更をしていく。

 

このメソッドを使うことで、自分と向き合う事へのハードルがものすごく下がった(自分と向き合いやすくなった)。

普段感じていたモヤモヤがひとつずつ消えていく感じで楽しいし、イラッとした事や辛いなって事があっても、自分はなんでそう思ったんだろ?って考えると楽しくなる笑

 

最後まで読んで、この「明らめる」「感じる」を全部公開しているのが坂爪圭吾さんだなぁと思った。

(↑大好きなブログです↑)

 

坂爪さんのブログは、自分の中のものを全てさらけ出してる。

ただ「だからどうしよう」までは書いていない。きっと決めていない。

けど「明らめる」「感じる」を全部公開している(自分の中のものを全てさらけ出してる)から、自分が決めなくても世界が(周りが)「決める」ということが起きている(ように見える)。

だから色々と自分自身が想像していない奇跡みたいなことが起こるのかな。

本書にもノートに書いてそのまま寝かせると、自分が思っていたよりもいい方向に転ぶことが多い、というようなことは書いてあったけど、それをさらに加速させているイメージ。

 

なので「決める」の部分は自分で決めてもいいし、流れに身を任せてもいい。

大事なのは「明らめる」「感じる」をきちんとやることだ!

と思いました。

ブログの更新が続かない...!!

物事を続けようと思う時はハードルを上げ過ぎず、自分のやれる範囲でゆるーくまったりやる、というのが大事になってきます。

 

勉強であれば、一日5分だけ参考書を読もうとか。

筋トレであれば、一日腕立て10回でいいからやろうとか。

 

それがきちんと出来ているものもあるんですが、自分の場合ブログやその他ネットへのアプトプットがうまくいっていなかった。。

ゆるくやろうと思いつつ「人様に見られるものだから、ちゃんとしたものをアップしたい!」という思いがどこかにあったようで、書き始めることがどこかで苦痛に感じてしまっていました。。

 

ローカル(ノートやメモアプリ等)で思った事とかをストックはできているので(面白いかどうかは別として)コンテンツ探しはできているはず!

なのでこれからはもっとゆるーく続けていければなぁと思います。

 

人に見せるためのものというよりも、他人も見れる自分のノートという感覚で書いていこうと思います。(ってかそうゆう意味で「Notes」ってブログ名にしてるし笑)

 

でわでわ。

酒好きの人見知りがコミュ力を磨くなら一人飲みが良い理由

f:id:cask-st:20180108141117j:plain

自分は元々人見知りで人と話すのが苦手な方で。。
初対面だと何話せばいいのかわからなくなって会話が止まってしまうタイプでした。
それがお酒が好きなのでバーや居酒屋で一人飲みを続けていたら、初対面の人でも友達になることがちょいちょいあるくらいまではコミュ力が上がっていました。
なんで一人飲みが良かったのか、一人飲みで他の人と話す際に何を気を付けた方がいいのか、自分なりに分析してまとめてみました。

なぜ一人のみが良いのか

店員さんは会話のプロ

店員さんは毎日会話でお客さんを楽しませているトークのプロ。
会話をリードしてもらえることが多いので比較的楽に楽しい会話をすることができます。
共通点のある他のお客さんと繋いでくれたりもするので(「あの○○さんもテニスやるんですね!あちらの△△さんもなんですよ!」等)自分から声をかける必要がありません。

自分のペースで会話できる(話さなくてもいい)

バーや居酒屋は本来お酒を楽しむ場所。
誰とも話さずに一人でお酒を楽しんでいる人もいます。
そのため無理にしゃべる必要はありません。

 

またもし店員さんや別のお客さんとの会話に成功して一通り話した後に会話が途切れたとしても無理につなごうとする必要はありません。
一人で飲みに来ているわけですから会話が途切れたらまた一人に戻るだけです。
相手がまた話しかけてきたらまた会話すればいいし、自分から無理に話を振る必要はありません。だってお酒を楽しみに来ているんだから。

 

帰るタイミングだって自由です。
合わない人がいたら「明日早いので今日はこの辺で」で ALL OK 笑
一人で飲みに来ているので一人で帰っても文句を言う人なんていないでしょう?

酒のせいにできる笑

人見知りや話下手の人って自分の発言で相手や周りがどう思うかを気にし過ぎるから言葉が出なくなってしまうパターンの人が多いと思うんですが、お酒の席では変なことを言ってしまった場合はお酒のせいにできます。

変な発言をしてしまったとしても「この前は酔っぱらって変なこと言ったみたいですいません。。」で全て解決できる!笑

と思うだけで会話に対するプレッシャーがかなり減ります。

この「プレッシャーを減らす」が一番大事なんです。

一人飲みで気を付けること

必ずカウンターに座る

これは絶対です。

出来ればカウンターしかない店を選びましょう。

カウンターでは見知らぬ人が横並びで近くに座るため、物理的に会話のチャンスを増やす事ができます。

(むしろカウンターじゃなかったら人見知りが話すチャンスなんで全くないです!)

話しかけてくれたら笑顔で相槌

店員さんや別のお客さんが話しかけてくれたら笑顔!そしてタイミングのいい相槌!

基本的に相手は酔っぱらいです。これだけで気分良く話してくれる方が多いです。

慣れてきたらこちらからも話を振ってみましょう。

同じ店に通う

同じ店に通っていると自然と店員さんと顔見知りになります。

店員さんと仲良くなると他の常連さんと繋いでもらえるため、自分から話しかけなくても人の輪を広げていくことができます。

リラックスする

上の方でも少し触れましたが、人と話すのが苦手な人は話す事に対してプレッシャーがあることが大半。

そのため如何に自分がリラックスした状態に持っていけるかを考えると良いでしょう。

最後に

一人飲みで培ったコミュ力は、プライベートはもちろん仕事でも大いに活用できます。

(正直これが一番仕事の役に立っている笑)

コミュ力の磨き方は色々あるかと思いますので、お酒好きの方はこんなやり方で自分磨きをしてみるのは如何でしょうか。

Logicool のワイヤレストラックボール MX ERGO を買ってみた

現在使ってるマウスの左ボタンの効きが悪くなってしまったので新しいマウスorトラックボールを検討。

配線を減らしたいので取り合えずワイヤレスは必須。 

以前使っていた Logicool M570 が使いやすかったんですが、耐久性がよろしくなく(左ボタンが1年くらいでダメになりました・・・)再購入はしなかったのですが、後継機が出ていたので気になってポチりました。

やっぱり親指トラックボールはいい!

M570を使っていた人なら違和感なく使えます。

トラックボールといえば人差し指と中指で操作するものが一般的かと思いますが、個人的には親指操作の方が断然操作しやすいし疲れずらい!

普通のマウスを使っていた人も、人差し指と中指で操作するものよりもこちらの方が使いと思います。

筆者は両方使ったことありますが、断然親指派!

耐久性UP?

購入の際にこちらの記事を参考にさせて頂いたのですが、左右クリックボタンの耐久性が、

  • 「M570」300万回
  • 「MX ERGO」1000万回

と3倍強アップしているらしい!

値段は倍くらい違うけど3倍持つならお得かな?という考えです(笑)

角度調整のとこってマグネットなんですね

公式にも書いてありますが、このトラックボール、向きを 0°or20°の調整が可能。

0°~20°の間違いじゃないの?って最初は思ってましたが、マグネットで0°にくっつけるか20°にくっつけるかの2択!

良い悪いではなく面白い作りをしているなという印象。

ちなみに自分は20°派です。

 

全体的に良いです

セットアップも特に必要なく使えて、全体的に特に不満な点もなく非常に満足しています。

あとは M570 の時みたいにすぐ壊れなければいいなと願うばかり。。