Notes

パブリックなメモ書き

仕事後のテニス用に NIKE エア ズーム ヴェイパー X HC を買ってみた

最近ありがたい事に、仕事後にテニスの練習をさせてもらえるようになってきました。
仕事後のテニスとなると、どうしても荷物が多くなってしまうので、如何に荷物を少なくするかを日々考えています。

荷物の中でも最もかさばるのがテニスシューズです。
職場にテニスシューズを履いて行けば持っていかずに済むのですが、、自分が持っているのはこんな感じ↓


今の職場はスニーカーを履いている人はチラホラいますが、こんな派手なのは履いていけません!

ということで、仕事後のテニスのために「職場に履いて行けそうなデザイン」という観点だけで購入したのがこちら、NIKE の エア ズーム ヴェイパー X HC(オールコート用)になります。

とりあえず見た目だけで購入を決めたのですが、使用感についてもレビューしていきます。

 

職場に履いていけるデザインがGood

まぁそのために買ったので当たり前ですね。
仕事着と合わせるとこんな感じ。


これならスニーカーOKの職場なら悪目立ちしないよね?
主張しないデザインなので普通のスニーカーとして普段着に合わせるのもあり。

仕事中に履く靴としては窮屈…

サイズの選びにもよると思いますが、自分はテニス中のパフォーマンスを優先してジャストサイズを選びました。
いつも職場ではワンサイズ大きい革靴を履いているので、それに慣れていると窮屈に感じますね。
まぁ慣れでどうにかなる範囲だと思ってます。どうしても気になるようならサンダルに履き替えます。

ちなみにサイズについてですが、Asics Court FF と同じサイズ(25.5cm)で幅や高さもピッタリでした。

 

最初は少し固め

履いて1日目でテニスをしたのですが、切り返し等で靴の中で動いた時に少し痛い感じがしました。(動かないように靴紐をちゃんと締めておけという話はありますが。。)
これも数回慣らせば気ならなくなりました。

そうゆう意味だとCourt FF は新品初日でガンガン動いてもそんなことはなかったので、改めてかなり完成度が高いと感じました。

 

グリップ力が強め

オールコート用ですがオムニコートでも良く止まってくれます。
かなり止まるので、むしろスライドは少ししづらいかも。
このあたりは好みが分かれるところかと。

 

紐が短い…

きっちり締め付けた時に丁度良い長さになるよう設計されているため、ゆるく履くと長さが足りず縛れません。
職場ではゆるめで履きたいので、紐を通す穴を1つ減らす事で対応しています。


おわりに

テニスシューズとしては Court FF の方が自分に合っているので、メインではそちらを使い、エア ズーム ヴェイパー X HCは仕事後テニスの時+普段履きのスニーカー、という使い分けにする予定です。
色々書きましたが総合的には買って良かったと思っています。

 

 

Azure で Python アプリを実行したら ModuleNotFoundError

多分すごく初歩的なミスなのだけれど、ハマったのでメモ。。

 

前提

↑のサイトを参考にAzureでPython Webアプリを作ってみている。

前回はローカルでPythonアプリの実行(Hello World)に成功。

Python アプリをローカルで実行してみた(インストール~Hello World! 実行)(Windows) - Notes

 

とりあえずローカルでやりたいことができたので、Azureにアップロードして動かしてみました。

(参考サイトの「アプリの参照」のところ)

 

※ちなみにソースコードは以下で、本記事記載時点では動作確認未完了です。どんなアプリなのかは別途をブログを投稿予定。

https://github.com/moncheyball/web-scraping

 

実行結果

f:id:cask-st:20190223150917p:plain

ブラウザでの実行結果

アプリケーションエラー:( 。。。。

 

ホーム > App Service > web-scraping - ログ ストリーム からログを確認してみると、以下のようなエラーが出てました。

ModuleNotFoundError: No module named 'requests'

pythonファイル上で「import requests」をしているのですが、'requests'なんてモジュールはないよ、と言われています。

 

解決方法

さすがマイクロソフト先生、公式ページにしっかり書いてあります。

Python アプリを構成する - Azure App Service | Microsoft Docs

Django など、追加のパッケージをインストールするには、pip freeze > requirements.txt を使用して、お客様のプロジェクトのルートに requirements.txt ファイルを作成します。 次に、Git デプロイを使用してお客様のプロジェクトを App Service に公開します。これにより、コンテナー内で pip install -r requirements.txt が自動的に実行され、お客様のアプリの依存関係がインストールされます。

requirements.txt 入れてなかった\(^o^)/

ローカルで実装した時は、requests の version 2.21.0 を利用したので(pip freeze コマンドで確認)、requirements.txt に「requests==2.21.0」を追記してAzure Cloud Shell の所定のディレクトリ(Azureの参考サイトの python-docs-hello-world と同じ場所)に入れて再度実行。

 

 

 

 

 

 

正常に動きました。

 

 

 

やっぱり特に知識もないまま、いらないと思ってファイルは削除しちゃダメだよな。

とりあえず動くところまで確認してからの、動作見ながら削除していくのが基本!・・・(反省)

 

Git error:1407742E:SSL routines:SSL23_GET_SERVER_HELLO:tlsv1 alert protocol version

上の記事を書いた時に、git clone が以下のエラーで失敗する現象が発生していたので、今日はそれについて。

error:1407742E:SSL routines:SSL23_GET_SERVER_HELLO:tlsv1 alert protocol version

原因はGitのバージョンが低かったから・・・

でした。。

実際に自分のパソコンにインストールされていたのは version 1.95。

version 2.13 以前はアップデートコマンド(git update-git-for-windows)は使えないそうなので、一度古いバージョンをアンインストールしてから、新しいものをインストールする必要とのこと。

参考:

Git error:1407742E - Qiita

【Git】インストール済みのGitをアップデートする【Windows環境】 | かずさプログラマーの雑記帳

 

Git For Windows のインストール

で以下がとてもわかりやすかったのでリンクを載せておきます。

こうゆうのはホントに助かる!

 

Python アプリをローカルで実行してみた(インストール~Hello World! 実行)(Windows)

Webアプリで作ってみたいものがあったのと、前々から Azure + Python のお勉強をしてみたかったので、とりあえず以下の Azure 公式を参考にお勉強中。

今日は、「アプリをローカルで実行する」でHello World が表示されるところまで。

 

環境

Windows 10 Pro (64 bit)

 

環境構築(各種インストール)

python のインストール

以下サイトから最新版(今回は Python 3.7.2)の executable installer をダウンロード。

 

ダウンロードした.exeファイルを実行してインストール。

 

Flaskのインストール

コマンドプロンプトを開いて以下を実行。

>pip install -U flask

※pip : pythonのパッケージ管理システム

 

サンプルのダウンロード

Azure 公式ページでは git コマンドでダウンロードする方法が書いてあるのですが、以下のようなエラーが発生。。

調べるのがめんどくさかったので Github の HPから直接ダウンロードしちゃいました。

(あとで調べよう・・・)⇒(あとで調べたやつ:2019/02/11追記

error:1407742E:SSL routines:SSL23_GET_SERVER_HELLO:tlsv1 alert protocol version

 ※ HPからからのダウンロードは、

https://github.com/Azure-Samples/python-docs-hello-world をブラウザで開いて、「clone or download」をクリックすればOK!

 

 実行

コマンドプロンプトでダウンロードした python-docs-hello-world のディレクトリ内まで移動して、以下を実行。

...python-docs-hello-world-master>set FLASK_APP=application.py

...python-docs-hello-world-master>flask run

 * Running on http://127.0.0.1:5000/ 

みたいなのが表示されれば成功!

あとはブラウザのアドレスバーに「http://127.0.0.1:5000/」を入力すれば Hello World! が表示されるはず!

 

【Android開発】「パッケージRは存在しません」は Alt+Enter で解決

※自分用メモ

 

「パッケージRは存在しません」のビルドエラーが発生した時は、エラーの出ている箇所で Alt + Enter を押して、「import R~」を押せばOK。

Rebuildとかで解決することもあったけど、こちらの方が確実っぽいし早い。

 

参考:

pc.netgakushu.com

HUAWEI P10 Plusで、アプリをバックグラウンドにすると勝手にアプリ終了している問題を解消してみる

最近妹が HUAWEI P10 Plus を買いました。

HUAWEI 自体が世間的に今あんな感じですが大丈夫なんですかね。

まぁお勧めしたのは自分なんですが笑

 

「乗換アプリで電車調べて、他のアプリいじって戻ると乗換アプリの検索検索結果が消える!」とのことで、どうやらバックグラウンドにするとすぐにアプリ終了してしまうよう。

 

調べてみると、設定 > アプリ > 電池のところで、「バックグラウンドで実行」がOFFになってたのでONにしたら解決しそう。

f:id:cask-st:20190201220751j:plain

HUAWEI P10 Plus 詳細な電池情報

さっきやったばっかりなので本当に解決するかはわかりませんが、妹が軽く触ってみたところ「大丈夫そうな気がする」とのこと。

ちょっと観察が必要ですが、多分大丈夫な気がする。

 

 

 

テニスのボレーで参考になった動画のまとめ

最近ボレーで参考になった動画のまとめ。

 

準備・構え

 

窪田テニス教室の動画です。(上のバックボレー側を見れば十分かも)

バックの面を向けて準備するというのは良い。それでもフォアボレーが遅れることはないし、むしろ上半身を横に向けて股関節を入れた構えが作りやすい。

 

スイング

手首を固定できていれば振っても良い。(2:30〜)

 

吉備選手の動画です。

実際試してみると、手首と肘を固定するとガシャリづらい!

逆に手首や肘が動いてしまうとガシャリやすい。恐らく自分がボレーをガシャってしまう原因の1つがこれなのでしょう。

 

窪田式の構えで準備して、手首・肘を固定してしっかり振るとなかなかいい感じ。

しっかり体になじませていきたいな。