Notes

メモ書き

Android Studio で Github に Push しようしたら error:1407742E

自分用メモ書き。

環境

Windows10 Pro (64bit)

Android Studio 3.1.2

 

手順

以下手順でAndroid Studio から GitHub へ Push。

メニュー > VCS > Git > Push

 

結果

以下エラーダイアログが表示されて、Pushに失敗する。

f:id:cask-st:20180518220610p:plain

Push Failed
Failed with error: unable to access 'https://github.com/moncheyball/ClipEdit.git/': error:1407742E:SSL routines:SSL23_GET_SERVER_HELLO:tlsv1 alert protocol version

 

解決方法

f:id:cask-st:20180518221329p:plain

メニュー > File > Settings にて Settings画面を表示。

Version Control > Git の "Path to Git executable:" を

C:\Program Files (x86)\Git\cmd\git.exe

から

C:\Program Files\Git\cmd\git.exe

に書き換える。

※もちろん環境に合わせてパスは違う可能性あり。

 

README.md をプレビューしながら作成する

README.md を作成するには GitHub Preview  が便利。

左側に入力すると右側にプレビューが表示されます。

f:id:cask-st:20180518055635p:plain

 

自分のスタンスを取る時は名詞ではなく動詞で定義すべき

資本主義の世の中では自分のスタンスを明確にした方が戦いやすいとよく言われています。

このスタンスを取る際に「名詞ではなく動詞で定義すべき」というお話です。

 

具体的にどうゆうことかというと、

システムエンジニアの○○です」→「アプリ開発で生計を立てている○○です」

「キーボーディストの○○です」→「バンドでキーボードを弾いている○○です」

などなど。

 

なぜ名詞ではなく動詞の方が良いかと言うと、流動的だから

 

名詞で定義すると周りから「この人は、システムエンジニアやキーボーディストであって、他のことはやらない」という認識になりやすい。

そこを動詞で定義すると「今はこれをやっているけど、別の事をやる可能性もあるな」という認識になりやすくなります。

 

周りからの認識を流動的にする事で自分が流動的に動けるような環境を作ることができます。

 

固定化した方がスタンスを強く取れるため、近代(昭和や平成初期)のような比較的時代の流れが緩やかな時代では、名詞で定義した方が有利でした。

(だから年配の方は人が何をやっているのか、何者であるのかを固定化したがるのだと思っています。)

しかし、これからの変化の激しい時代では、自分のスタンスも流動的にすべきです。そのための環境づくりとしての動詞での定義となります。

 

 

・・・という、以下の動画及び書籍を見ての考察の一つとなります。

 


 

 

日本再興戦略 (NewsPicks Book)

日本再興戦略 (NewsPicks Book)

 

 

以上です。

「アシックス史上最高のテニスシューズ」COURT FF を買い替えました

上の記事を書かせてもらった時に購入したのが 2017年7月。

約10ヶ月経ちましたが、アウトソールがすり減ってオムニで滑りやすくなってきてしまったのでそろそろ買い替えを検討。 

 

 

で、買い替えたシューズですが、、

 

 

 

 

COURT FF の色違いです笑

 

やはりこの「モノソック構造」のフィット感は素晴らしく、今まで履いたどの靴よりも動きやすい!

というのが決め手になりました。

足が命のプレースタイルなので、本当に良い!

これから試合が多くなるシーズンなのでバシバシ使い倒していきたいと思います!

 

 

そういえばこんなモデルも出ててかっこいいなぁとも思ったんですが、

合いそうなウェアを持っていなかったため断念。。

 (黄色系のウェアが多いので。。)

 

JSONデータ作成ツール 「JSON Editer Online」

使いやすいJSONエディタがあったので、自分メモです。

機能
  1. (画面右側の入力欄から)視覚的にデータ構造を作成して、JSONデータに出力できる。
  2. (画面左側の入力欄から)JSONデータから、視覚的なデータ構造を生成することができる。

「2」の場合、JSONデータに誤りがあるとエラーを表示してくれるので、作成したJSONのチェックとしても使えます。

便利!

 

仏教は宗教というよりもより良く生きるためのノウハウ

というのがこの本を読んだ感想です。 

 

仏教というと「お坊さん」「お寺」「修行」「信仰」など硬いイメージがありますが、実際知ってみると全然違いました!
完全に食わず嫌いしてました!
全然知らないのに「仏教ってこんな感じでしょ?」って思ってました。

だめですね。これがソクラテスの「無知の知」というやつですね。。

どうゆうことかというと

 日常生活でイラっとした時ってどうしたらいいか、とか。

 悲しいことがあった時立ち直るにはどうしたらいいか、とか。

 そもそもストレスの原因って何なんだろ?とか。

そうゆうののノウハウ集が仏教!というイメージに変わりました。

で、そうゆう意味だと他の宗教(キリスト教とか、イスラム教とか)も全然知らないなぁと!
現代まできちんと残っており、これだけ進行してる人の数も多いんだから、そこまで変なことを言ってはいないんじゃないかと。
変なオカルト宗教みたいなのだったら絶対に続いてないでしょ!笑

なので、食わず嫌いせずに次はそこらへんについても調べてみたいと思います。
温故知新!頭のいい方は歴史や宗教に学んでる方が多い!
自分も見習わなければ。

ではでは。

本は時短で情報を収集するためのツールになっている

※ここでいう本は、小説などではなくビジネス書類になります。

 

先日2ch創設者のひろゆきさんの著書

無敵の思考 ――誰でもトクする人になれるコスパ最強のルール21

を読ませて頂いたのですが、これが全然面白くなかった!笑

 

というのが、自分はひろゆきのお話が大好きで、ニコ生等でお話しているものを漁りまくっていました。
その上で本を読んだら聞いたことのある内容ばかり笑
知ってる内容ばかりだったので全然面白くありませんでした笑

 

ここで思ったことがタイトルに書いた
 「本は時短で情報を収集するためのツールになっている」
ということ。

 

現代、著名人はブログや動画などで自分の考えを包み隠さず公開していることが多い。
それらをまとめたものが本となっている。
時間を使って情報収集しても良いのであれば、ネットで漁ってつなぎ合わせれば、大体の内容はわかる。
その時間を節約したいのであれば、お金を払って本を買う。

 

という時代になってきていると感じました。
少なくとも今回はそのような体験をさせて頂きました。

 

昔はちゃんとした情報を得たいのであれば本を買う、
という感じだったと思うのですが、本の在り方も時代によって変わってきたのかなぁ。
というお話でした。

 

ではでは。

 

無敵の思考 ――誰でもトクする人になれるコスパ最強のルール21

無敵の思考 ――誰でもトクする人になれるコスパ最強のルール21